*2. 最近の研究調査活動・研究会報告・研究成果


21‐07-15投稿 横浜市立大学論叢・社会科学系列・73‐1:「第三帝国の全面的敗退過程とアウシュヴィッツ 1942-1945」
21-03-(新叢書締め切り・投稿3‐26)『アウシュヴィッツへの道』原稿(目次:序章〜第6章:引用文献:参照文献はこのページ最後に)
21-02-(締め切り・投稿) 「“ユダヤ人問題の最終解決”――世界大戦・総力戦とヴァンゼー会議――」『横浜市立大学論叢』社会科学系列、72‐2・3.(納品2021年9月6日
21‐01-(締め切り・投稿)「第三帝国のソ連征服政策とユダヤ人迫害・大量射殺拡大過程―― 占領初期1941年6月〜9月を中心に――」同上、人文科学系列、72‐3.

20-10-28(締め切り・投稿)「第三帝国の戦争政策とユダヤ人迫害――ポーランド 1939.9〜1941.6――」『横浜市立大学論叢』社会科学系列、72‐1号(納品2021‐05‐31夕方」)。
スキャンファイル
   スキャンファイル:学術研究会版

20-03-16 第二次世界大戦によるUSAの飛躍的GDP膨張・その他「列強」の低迷(1938‐45のグラフ
20‐03‐12 【史料紹介】「ユンカース社のソ連工場進出の投資額・負担額」投稿(『横浜市立大学論叢』社会科学系列、第71巻第3号…刊行2020‐09‐25)。
20-03-06 高田馨里編著『航空の20世紀――航空熱・世界大戦・冷戦――』(日本経済評論社)、担当:第4章 航空機開発と大西洋横断飛行――ユンカースの挑戦と航空熱――
20‐02-18〜28(計画)ベルリン・ドイツ技術博物館調査(Deutsches Technikmuseum Berlin)(Archiv)(航空関係所蔵文書):明治大学大型研究による調査(対象
      調査時の連邦文書館・技術博物館など(調査記録)

---------------------------------------------------
19-11-25〜12-05(予定)羽田発→ミュンヘン:ドイツ博物館アルヒーフ→12:05羽田着:科研費調査出張
19‐09‐30研究合宿でのコメント・議論を踏まえた添削版投稿:「航空機開発と大西洋横断――ユンカースの挑戦と航空熱――」高田馨里編著『航空の20世紀―航空熱・世界大戦・冷戦』(日本経済評論社、2020年1月刊行予定): 19‐10‐05「航空熱論文」更新・・事情変化で地図・写真をいくつか掲載可能に:写真・地図とその挿入箇所を明記した原稿を送付。
19-09-25西島教授退職記念号に投稿;「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938‐1939」『横浜市立大学論叢』第71巻 社会科学系列 第2号(目次)(納品2020‐02‐12:論文Pdf表紙
19-09-02〜03明治大学大型研究国内合宿に参加(共著全体の報告調整と予科練平和記念館・周辺遺跡ex.ランカスター型ボイラーの調査)
19-08-25 共同研究(国際武器移転史)の共著担当章原稿提出(「航空機開発と大西洋横断――ユンカースの挑戦と航空熱――」)(目次
19‐08‐02 論文投稿(横浜市立大学論叢71巻 社会科学系列 1号)「航空機開発戦略と国際主義――ユンカースとデートマンの闘い――」(目次)(2020-01-09納品)
19-07-30 市大図書館所蔵・準貴重資料『戦線文庫』のデジタルアーカイブ化の要望(Pdf)
19-06-09〜20 羽田発―ミュンヘン・ドイツ博物館アルヒーフ航空機産業史料(ユンカース社)調査ー羽田着:明治大学大型研究による調査
19-06-08 書評投稿(7月19日号掲載)-『週刊読書人』:
ニコラス・チェア/ドミニク・ウィリアムズ『アウシュヴィッツの巻物―証言資料―』(二階宗人訳、みすず書房、2019510日刊
19-04-25 納品「第三帝国の膨張政策とユダヤ人迫害・強制移送 1938」『横浜市立大学論叢』第70巻 社会科学系列 第2号, 193-227ページ
19-01-20〜02-01史料文献調査:ドイツ博物館のアルヒーフと図書館:ユンカースとソ連、ユンカースとスウェーデンを中心に。
19-01-10 納品「フーゴー・ユンカースとドイツ民主党」『横浜市立大学論叢』第70巻 社会科学系列 第1号
学術研究会作成論文PDF

-----------------------------------------------------------
18
-12-08学会報告:ドイツ資本主義研究会ADWG(NF)例会・合評会での問題提起・川瀬泰史著『シャハト』PPT
18-10-20学会報告:「ユンカースの大西洋横断飛行への挑戦―航空機開発と航空熱―」(政治経済学・経済史学会・秋季学術大会、一橋大学)
18-10-12発行『週刊読書人』―書評:「映画『夜と霧』とホロコースト」(スキャンファイル

18-08-25書評:「川瀬泰史『シャハト―ナチスドイツのテクノクラートの経済政策とその構想―』」『社会経済史学』Vo.84,No.2, p.120. p.121, p.122
18-08-27納品 「ユンカースの世界航空交通構想とアメリカ 1924」『横浜市立大学論叢』
第69巻 
社会科学系列 第3号.
18-03 「ナチス研究からヴェルサイユ体制下航空機産業の研究へ」『ドイツ研究』第52号
18-03(5-22納品) 「ユンカースの世界戦略とアメリカ 1919―1924」『横浜市立大学論叢』第69巻 社会科学系列 第2号(2018年3月)
18-02-16 「ユンカースの世界戦略と中国 1926―1933『横浜市立大学論叢』第69巻 人文科学系列 第1号 

---------------------------------------------------
17-12-18 「ユンカースの世界戦略と中国 1919―1925」成城大学『経済研究』第218号
17-02-08 「ユンカースの世界戦略と日本 1919-1933」『横浜市立大学論叢』第68巻 社会科学系列 
第2号

------------------------------------------------------------
16-12-10
「ドイツ航空機産業とナチス秘密再軍備」横井勝彦編著『航空機産業と航空戦力の世界的転回』(日本経済評論社)第3章 (横井編著の U Tokyo Biblioplazaでの紹介・書評2018-10英文Twitter) 
16-10-30-11-09史料調査・ミュンヘンのドイツ博物館アルヒーフ・フリードリッヒスハーフェンのツェッペリン博物館など
16-07 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業の世界的転回―ナチス秘密再軍備の前提を考える―」『国際武器移転史』第2号
16-01-31-02-08史料調査:ベルリン・ドイツ連邦文書館(リヒターフェルデ)・・・ドイツ航空機産業とナチス秘密再軍備関係
16-01 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備」(4)『横浜市立大学論叢』第67巻 社会科学系列 第1・2合併号


----------------------------------------------------------- -
15-11-01-09史料調査旅行-フリードリッヒスハーフェンとミュンヘン
15-08-06納品『横浜市立大学論叢』第66巻 社会科学系列 第2号 「ヴェルサイユ体制下のドイツ航空機産業と秘密再軍備」(3)
15-07-26-08-07ドイツ博物館・ユンカース博物館―ドルニエ博物館調
15-05-30社会経済史学会・第82回大会(於:早稲田大学)・パネル報告 ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備の実態


----------------------------------------------------
14-12-05再校(横浜市立大学論叢、人文科学系列 第66巻1号{ 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備」(2) }
14-11-10納品(横浜市立大学論叢、社会科学系列 第65巻1・2・3合併号{ 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備」(1) }
14-08-25-09-06科研費調査(ドイツ博物館文書館DMAとノルトハウゼンのミッテルバウ・ドラ


ーーーーーーーーー研究室HP/論文・著書のリストーーーーーーーーーーーーーーー

2011年3月末(定年退職時)までの研究室HP(研究業績インデックス:
  『横浜市立大学論叢』2011年第3号掲載の「経歴・業績リストと最終講義」Pdf

2011年4月〜2012年末までの研究業績リスト


表紙ページの解説:ブランデンブルク門―歴史記念写真ー解説:1933年とは何か、ヒトラー・ナチス権力掌握により、どんなことが起きたのか?0


-----予備-----

講義ノート「ホロコーストの論理と力学


2011年3月末(定年退職時)までの研究室HP(研究業績インデックス:
    『横浜市立大学論叢』2011年第3号掲載の「経歴・業績リストと最終講義」Pdf

2011年4月〜2012年末までの研究業績リスト

ケルブレ『ヨーロッパ社会史』 第12章 都市成長、都市生活、都市計画


旧研究室HP



ーーーーーー
『アウシュヴィッツへの道』参照文献(shiryo-bunken)