ながみねWeb研究室2011年4月開設


(1)学部講義

ヨーロッパ社会(前期・木曜日4時間目)

ナショナリズム論(後期・木曜日4時間目)


(2)大学院
特講
欧米社会論特講(前期・木曜日:5時間目)  

(3)最近の研究調査活動・研究会報告・研究成果

17-02-08 「ユンカースの世界戦略と日本」『横浜市立大学論叢』第68巻 社会科学系列 第2号

16-12-10 「ドイツ航空機産業とナチス秘密再軍備」横井勝彦編著『航空機産業と航空戦力の世界的転回』(日本経済評論社)
16-10-30-11-09史料調査・ミュンヘンのドイツ博物館アルヒーフ・フリードリッヒスハーフェンのツェッペリン博物館など
16-07 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業の世界的転回―ナチス秘密再軍備の前提を考える―」『国際武器移転史』第2号
16-0131-0208史料調査:ベルリン・ドイツ連邦文書館(リヒターフェルデ)・・・ドイツ航空機産業とナチス秘密再軍備関係
16-01 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備」(4)『横浜市立大学論叢』第67巻 社会科学系列 第2号

15-1101-09史料調査旅行-フリードリッヒスハーフェンとミュンヘン
15-0806納品『横浜市立大学論叢』第66巻 社会科学系列 第2号 「ヴェルサイユ体制下のドイツ航空機産業と秘密再軍備」(3)
15-0726-0807ドイツ博物館・ユンカース博物館―ドルニエ博物館調
15-0530社会経済史学会・第82回大会(於:早稲田大学)・パネル報告 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備の実態」

14-1205再校(横浜市立大学論叢、人文科学系列 第66巻1号{ 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備」(2) }
14-1110納品(横浜市立大学論叢、社会科学系列 第65巻1・2・3合併号{ 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備」(1)
}
14-0825-0906科研費調査(ドイツ博物館文書館DMAとノルトハウゼンのミッテルバウ・ドラ
14-0410刊行:翻訳:ハルトムート・ケルブレ著・永岑三千輝監訳
          瀧川貴利・赤松廉史・清水雅大訳『冷戦と福祉国家―ヨーロッパ1945-89年』日本経済評論社
   
14-0212納品:拙稿「1942年ドイツ軍需経済の課題とシュペーア―ナチス原爆開発挫折の要因分析のために―」抜き刷りPdf版
14-0202-0210科研費調査(ドイツ博物館文書館、ミュンヘン現代史研究所

13-0725-0811科研費調査(ペーネミュンデ、クンマースドルフ、ハイガーロッホとフライブルク軍事文書館
13-02-11-21科研費調査(ドイツ博物館他







(4)-1 市民講座・エクステンション講座等
13-06-12かわさき市民アカデミー―ドイツ史の旅―第三帝国の興亡・東西分断・平和革命
13-02-01横浜市立大学エクステンション講座
ホロコーストと原爆開発

(4)-2 自由・平和・民主主義・憲法の対極にある戦争法案20151019 安保法制廃止を求めるアピール
20160130 慶応大学名誉教授・小林節氏講演会
20150826 全国100大学有志共同行動
20150808 横浜市立大学教職員学生卒業生共同アピール「戦争法案を廃案に!」 安保法制に反対する横浜市大有志Facebook

2015-07-16 詳細 プログラム シンポジウム 安保法制を問う
2015-07-11 戦争法案を問う ―国家・地域・経済の視点から― 神奈川憲法アカデミア・シンポジウム
     シンポジウムの新聞報道、ビデオ記録

壁紙写真解説:Berlin-BrandenburgerTor―Pariser Platz 2013-07-30



2011-2012の研究活動 およびそれ以前の旧HP等